サラリーマンの副業について考える!複業のすすめ

ライフステージ

近年、日本でも年功序列制度の廃止、終身雇用制度の撤廃など、企業における雇用環境も変化してきています。

一昔前は、ひとつの会社で定年まで勤め上げるのは日本人の美学という感じだったかもしれませんが、そんな考えを持つサラリーマンは確実に減ってきていることでしょう。

こういった考えは、若い世代ほど顕著になっているようです。

しかし、サラリーマンとして長くひとつの会社に勤めている人の中には、雇用環境の変化や定年後の生活、年金問題など、心配の種は増えているのに、現実的には考えていない、もしくは、考えないようにしている人もいるのではないでしょうか。

なんやかんや言われるアベノミクスですが、景気がよくなっていることは事実のようです。しかし、一般のサラリーマンがそれを感じるまでは至っていないと思います。

私も全然景気がよくなっているとは思えません。

昇給は微々たるもので、それでも給料が上がればいいが、逆に給料が下がっている場合もあるでしょう。

雇用環境も改善されてきているとはいえ、サービス残業を余儀なくされている方も少なくないのではありませんか。

”名ばかり管理職”などという言葉が使われている現状を考えると、若い世代が管理職になりたくない、と思っても仕方がないですよね。

このような状況の中、サラリーマンが副業を考えるのは当然であり、自然だと思いますが、あなたはどう思いますか?

国も推進するサラリーマンの副業

最近では、国がサラリーマンの副業を推進していることもあり、会社側でも就業規則で副業禁止条項を外すところでてきています。

これがどういうことを意味するのかというと、会社も将来の雇用を約束できない、ということを暗に意味しているのではないでしょうか?

 

例えば、将来、独立したくても、いきなり独立してもうまく行かないことは明白です。

会社勤め以外したことがない場合には、なにをしていいのかもわからない人もいるでしょう。

そこで、まずは副業ということになります。

副業をすることで、その人のスキルアップを図る事ができ、さらに、新しいことにチャレンジすることもできます。

独立までにある程度は経営に関する知識、営業、人脈などを身につけることが大事になるでしょうが、これを実践を通じて養うことができるのが副業です。

サラリーマンが副業をすることがいけないとされる時代もそろそろ終わりに来ているのではないでしょうか。

副業にについての考え方は、人それぞれだとは思いますが、副業はサラリーマンにとって生活防衛でもある、と私は考えます。

人生の分岐点

定年後のための副業

副業はサラリーマンにとって生活防衛でもある、と先に書きましたが、それは誰でも認めることではないでしょうか。

雇用の不安、将来の不安は誰にでもつきまといます。

その不安を払拭したい、将来の不安を打ち消したい、そして、現在の生活をより豊かにしたい。

そう考えることは普通のことだと思うですが、いかがですか?

 

だからこそサラリーマンは、まずは会社からの給与だけに依存しない環境をつくることが必要です。

副業というと、なんか後ろめたい感じがするかもしれませんが、自分や家族を守ることは悪いことなのでしょうか。

 

会社が一生あなたを守ってくれるのなら、後ろめたくもなるかもしれないが、そんなことはあり得ません。

リストラされなくても、いつかは定年を迎えることになります。

退職金をたんまりもらって将来安泰という人がいるかもしれませんが、きっとかなり少数であることは間違いないでしょう。

退職後もなんらかの仕事をしなければならない人の方がはるかに多いことだと思います。

 

副業してうまくいったら起業しようという考えもありますが、退職後の生活のために今から副業して準備する、という考えもあるのではないでしょうか。

副業から複業へ

サラリーマンが副業する場合、まずはなにかひとつのことから始めることが普通でしょう。

会社の給与以外に収入を得る流れがひとつできればそれだけ安心できます。

しかし、副業はひとつだけしかしてはいけないものではありません。

できれば、複数の副業に取り組み、複数の収入の流れをつくりあげた方がよりリスクは減っていきます。

仮に、投資を副業とした場合、株式投資、債券投資、投資信託、FX、外貨預金、不動産投資など、ひとつにこだわらず、複数の投資があります。

投資にはそれなりの資金が必要になりますので、誰でも取り組めるものではありませんが、インターネットを活用する副業は、初期投資を少なく始めることができるものもあります。

また、インターネットを利用すれば、以前より複業することも取り組みやすくなっています。

複業のメリットは、ひとつの収入に頼らず、ひとつだめでも、他のものから収入を得られればいいという考え方です。

また、複業を行ったとして、人を雇ったりしてその会社を大きくしなければならないということもありません。

複業を個人もしくは家族だけで行った方がリスクも小さいし、拡大しやすい場合もあります。

とはいっても、まだ副業をしていない場合は、まずはひとつなにかに取り組むことが先決でしょう。

最後に

副業に対する私の思いをズラズラと書いてきましたが、改めて、副業と複業は同じ読み方ですが、意味は異なります。

複業のメリットは、リスク分散です。

仮に、ひとつの副業が失敗してなくなっても、行っている副業が複数あれば、残りの副業から収入を継続できれればいいという考え方です。

収入の流れを複数持つことができれば、それだけ安心感は増大していきます。

この記事を読んでなにか思い当たることがあれば、一度、あなたと家族の将来のことをしっかりと考えてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください