40代こそ情報発信することをおすすめする理由

インターネット

40代にもなると会社での立場がほぼ確立し、その会社でどのくらいまで出世できるかもわかってくる頃でしょう。

出世競争に乗って社内の立場がいい人もいるでしょうし、すでに出世競争から外れてしまった人もいるでしょう。

現在あなたが会社でどのような立場に置かれていようと、大切な家族や親のために毎日必死に頑張っていることでしょう。

けれども、誰にも言えない悩みを抱えているかもしれません。

いつも苦しくてすべてを投げ出したくなることがあるかもしれません。

でも、そんな自分を押し殺して、毎日仕事に行っているかもしれませんね。

悶々とした日々を過ごしている。

しかし、時間はあっという間に過ぎていき、これからどうしたらいいのだろうか?ということをいつも考えているかもしれません。

「もう嫌だ!会社を辞めて、すべてを投げ出したい!」

そんな思いをがあるけど、誰にもそんなことを言えない。

もしもあなたがこんな悩みを抱えているとしたなら、インターネットで情報を発信することをおすすめします。

会社での立場がどうのこうのなんて関係ありません。

あなたが好きなこと、興味があること、これまでの人生経験など、あなたの考えや思いを発信してみませんか。

あなたの歩んできた経験は、必ず他の誰かの役に立ちます。

あなたが発信した情報を待っている人がいます。

インターネットで情報を発信することは若い人だけに許されたものではありません。

40代だからこそ、いや50代でも60代でも人生経験が豊富な方々こそ情報を発信すべきだと思います。

そんな思いを書いていきます。

会社に縛られ続ける人生をこれからも送りますか?

ロープで縛られている男性

40代にもなると、もう若くないからと自分に言い聞かせて、新しいことに挑戦することをためらったり、遠慮したりしてしまうことが多くなると感じます。

確かに「人生50年」と言われていた頃の時代では、そんな風に思っても仕方なかったかもしれませんが、現在では日本人の平均年齢は80歳を超えています。

仮にあなたが今ちょうど40歳だったとしたら、まだ人生の半分しか経っていません。

それでもあなたはこれからの人生で新しいことに挑戦せず、今までの延長線と考えて過ごしますか。

そんなことはもったいないと思いませんか。

会社に定年まで勤めたとしても、定年後も20年は生きることになります。

もっと自由にいろいろなことに挑戦して、人生を豊かにした方がいいのではないでしょうか。

会社が嫌なら定年まで待たずにあなたの方からいつでも退職願いを出せるようになれたら、もっと楽に過ごせるのではないでしょうか。

現在は、インターネットでは誰でも情報発信が可能で、非常に低いリスクで起業することができる時代です。

我々40代でも、チャンスはいたるところに転がっています。

少しの努力さえすれば誰でも望んだ通りの生活を手に入れることができるのです。

しかし、そんなことを知らない人が多いのも現実です。

若い人たちは日頃からインターネットに親しみ、SNSで情報を共有しながら、新しい情報を仕入れています。

しかし、インターネットが身近ではない40代以降の人たちは、若い人に比べたら情報収集能力に劣っています。

情報をテレビや新聞、雑誌から仕入れるだけでは若い人にはかないません。

でも、インターネットもSNSも若い人だけしか利用できないものではありません。

誰でも利用できます。

それでもインターネットを利用しないで、新しい情報を収集しないで、これまで通りに過ごしていきますか?

自宅と会社の往復だけで、定年まで過ごしますか?

会社に縛られて、会社だけが頼りの人生を送り続けますか?

多様化する働き方

インターネットは世界中に拡がっている

近年、インターネットの発達に伴い、在宅勤務ができる会社が増えてきました。

在宅勤務のことをリモートワークやテレワークと呼ぶこともあります。

これにより、通勤や勤務時間の問題で就業できないということが少なくなっています。

さらに、フリーランスという会社に雇われない働き方を実践する人も増えています。

これらは、インターネットの発達により、クラウドソーシングというサービスが一般化したことで実現されてきました。

現代の我々はこれまでなかったような素晴らしい環境が、誰でも少し手を伸ばせば手に入る時代を生きているのです。

インターネットは、若者の専売特許ではありません。年齢に関係なく、誰でも利用し、活用できるものなのです。

そして、インターネットを活用することで、これまででは考えられないほど低リスクで起業することができます。

個人の情報発信の影響力

個人の力

現代は個人が情報発信できる時代です。

そして、個人が発信した情報がとても大きな影響力を持つようになりました。

個人が情報を発信できるようになったこともインターネットの発達によるものです。

ブログやツイッター、フェイスブック、YouTubeなどを使えば、誰でも個人で情報を発信することができます。それも、ほぼ無料で。

そして、ブログでもツイッタでも、YouTubeでも、それぞれの世界で大きな影響力を持つ個人が存在しています。

このようなことは今まではできなかったことです。

こんな恵まれた時代に生きているのに、情報を受け取るだけではもったいなさ過ぎます。

個人の影響力は、既存のマスメディアの凌ぐほどに大きくなっています。

また、情報発信することで、収入を得るシステムもできあがっています。

一億総中流と言われた時代から現代では格差社会と言われる時代になりました。

しかし、格差社会である現代には、誰でも情報発信できるシステムが構築されています。

このような時代に情報発信をしないのは、知らない人だけです。

あなたが今何歳であるかなんて関係ありません。

情報発信をしてみましょう。

きっと、世界観が変わります。

どんな情報を発信すればいいか?

明るい未来

情報発信をしてみたいと思っても、どんな情報を発信すればいいのかがわからないかもしれませんね。

確かに、いきなり情報発信といっても、戸惑うことになるでしょう。

ですが、結論から言うと、発信する情報はなんでもいいです。

あなたが経験したこと、読んだ本の感想、お気に入りの物の評価、趣味のことなど。

どんな風に情報発信したらいいかわからなければ、インターネットで検索すれば、様々な方法が無料で手に入ります。

しかし、ここで注意しなければならないのは、情報の取捨選択です。

得られた情報をすべて鵜呑みにするのではなく、リサーチをして、その情報が正しいのか、あなたが必要とする情報なのかを選ぶことが大切になります。

このことを情報リテラシーといいますが、情報リテラシーが低いとあらゆる面で損をしてしまいます。

逆に、情報リテラシーが高ければ、あらゆる面で得をします。

情報リテラシーを身につけるのは難しいことではありません。あなたが得た情報に対して結論を出す前に情報の発信源をリサーチすればいいのです。

この辺は意識しないでいると身につきませんが、意識すればなんでもないことです。

最後に

インターネットの発達で我々は、知らなかったこと、手に届かなかったこと、まったく気にもしていなかったことなど、あらゆる情報を得ることができるようになりました。

多くの情報を手に入れるということは、それだけで世界が変わるほどの影響があります。

たとえば、これまで考えたこともなかったような情報を知るかもしれませんし、見たことがないようなことを目にするかもしれません。

それは、あなたの可能性を拡げることにもつながります。

これまで、やりたいことなんて考えずに、我慢して会社に行き、嫌な仕事をしてきた場合であっても、これからは、インターネットを活用することで、あらゆる可能性があることに気がつくでしょう。

これから一緒に情報発信をしませんか。

そして、今まで守ってきた殻を破って、可能性を追求しませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください