来年の手帳はどうしよう?トラベラーズノートパスポートサイズはプライベート専用に!

トラベラーズノートパスポートサイズ ペンホルダーとペン

今年はトラベラーズノートパスポートサイズを買いましたが、あまり活用できずに過ぎてしまいました。

私がトラベラーズノートパスポートサイズを買ったのは、ビジネス手帳としてスケジュール管理をするためではなく、メモやアイディアを書き溜めるためでした。

ノートやアクセサリー系のリフィルもいくつか購入して、セットアップしました。

今年のゴールデンウィーク中、かっこいいノートかメモ帳を探してネットサーフィンしていたら、気になるものを見つけました。これまでコンビニなどで売ってるA6サイズの...

でも、あまり使わなくなってしまいました。

トラベラーズノートパスポートサイズのウィークリーリフィルとペンホルダー

当初はスケジュール管理はするつもりはなかったので、ダイアリーは買わなかったのですが、手帳にダイアリーが入ってないのは味気なく思い、1ページ1週間のウィークリータイプのリフィルも買ってしまいました。

トラベラーズノートパスポートサイズ ウィークリーリフィル

あと、ペンホルダーも・・・。

トラベラーズノートパスポートサイズ ペンホルダー

ウィークリーリフィルは見開き1週間タイプで、半年で1冊です。1年分だと2冊になります。

私がトラベラーズノートパスポートサイズを買ったのは5月で、ウィークリーリフィルは6月頃に買いました。

7月から12月のウィークリーリフィルをセットして、そしてペンホルダーもセット。

しかし、これで満足してしまいました。。。

スケジュール管理は1月から使っている手帳で行っていたので、トラベラーズノートパスポートサイズのウィークリーリフィルには、子どもの誕生日だけしか記入しないまま、今日まできてしまいました。

ペンホルダーは、そもそもペンの本体を入れるものではなく、クリップを挟むタイプでした。

トラベラーズノートパスポートサイズ ペンホルダー セッティング

トラベラーズノートパスポートサイズ ペンホルダーとペン

また、私が愛用しているジェットストリームの多機能ペンは、トラベラーズノートパスポートサイズよりも少し長く、扱いずらかったので、ペンホルダーはすぐに外してしまいました。

ジェットストリームの多機能ペンではなく、一般的なペンだと同じだと思いますが・・・。

しばらくは毎日カバンに入れて持ち歩いていましたが、トラベラーズノートパスポートサイズにはなにも書かない日がつづき、そして、トラベラーズノートパスポートサイズを開かなくなり、そのうちに持ち歩くこともなくなっていきました。

来年こそはトラベラーズノートパスポートサイズを仕事にも使おうかと考えました、ウィークリーリフィルが1年分だと2冊必要になります。

また、見開き1週間なので、ウィークリーリフィルにメモはあまり書き込めません。

月間タイプだと、1日に複数の予定を書きにくいので私はあまり好きではありません。

スケジュール管理する手帳に私が求めるのは見開き1週間で、左側にスケジュール、右側は罫線タイプでメモが書き込めるものです。

そんなことから、トラベラーズノートパスポートサイズは仕事用にはあまり向かないと思っています。

そもそもトラベラーズノートはその名の通り、旅行者が旅のおともに持っていくノートというコンセプトで作られているので、ビジネスユースではありませんよね。

はじめは私もそれを理解していたつもりでしたが、いろいろと詰め込み過ぎてしまいました。

持ち運びに便利なビジネス手帳

いま仕事で使っている手帳は、1年使い切りの綴じ手帳です。

中身は見開き1週間で、左側にスケジュール、右側は罫線タイプでメモが書き込めるものです。

仕事でメモを取ることが多いので、見開き1週間の右側罫線ページ以外にメモのページがなるべく多いものが好みです(今年使っている手帳は34ページでした)。

6月頃にはメモページを使い切ってしまい、アドレスページや本来メモを書き込むためのものではないページまで使ってしまいました。

綴じ手帳は小さくて軽く、上着のポケットにも入るので、持ち運びに便利です。外回りが多い営業職であれば、持ち運びに便利で、いつでもすぐに取り出せる手帳を選ぶことが多いと思います。

しかし、あたり前ですが必要がなくなったページを取り外すことができませんし、ページを追加することもできません。

「私のニーズに合う手帳はシステム手帳しかないのか?」

手帳についていろいろと検索を繰り返しました。

来年の手帳はシステム手帳にしよう!

去年までの約6年間は、「ほぼ日手帳」を使っていたました。

はじめの3年はオリジナル、その後はweeksでした。

ほぼ日手帳のオリジナルタイプは1日1ページタイプで、書き込むスペースはたくさんありますが、ちょっと大きくて上着のポケットには入りません。

また、1日1ページは私には必要がないと感じて、weeksに切り替えました。

weeksはサイズも書き込むスペースも十分にあってお気に入りだったのですが、回りに使っている人があまりにも多くなってきたので、今年はやめました。

だって、「その手帳ほぼ日ですね。私も使っています。」って、何度も言われてしまったのですから。。。

それと、なんとなくですが、「ほぼ日手帳」は若者向きのようなイメージもあったので、私から身を引きました。

そんなことで、手帳について検索をしていると、いろいろと新しいものもたくさんあったのですが、1日1ページタイプやバーチカルタイプは使いこなせなさそうだし、ジブン手帳は必要ないかなあって思ったり・・・。

そして、やっぱりシステム手帳にしようと思うにいたりました。

システム手帳の大きさとリングサイズに悩む

システム手帳に決めたはいいけど、今度は大きさとリングサイズに悩みました。

今はA5サイズが人気のようですが持ち運びには向かないし、バイブルサイズはシステム手帳の定番だけど上着のポケットには入らないし、どちらも持ち運ぶには不便だし。。。

B6やスリムタイプがいいようだけど、リングサイズはどうしたらいいのか、毎日いろいろと検索を繰り返していました。

アマゾンのほしいものリストには、システム手帳がいっぱいになってしまいました。

約1週間悩んで私が選んだシステム手帳はレイメイ藤井「ダヴィンチアースレザー ポケットサイズシステム手帳 ダークブラウン JDP805E」です。

「ダヴィンチかよ!!!」と、ツッコミが入りそうですが・・・。

ダヴィンチアースレザー ポケットサイズシステム手帳の大きさは、ポケットサイズと言われる通り、上着のポケットにも入ります。

リングの大きさは11mmです。

ダヴィンチ公式サイトによると、11mm径のリングだと約65枚のリフィルが入ります。
この枚数は、コピー用紙によく使われる上質紙での目安であり、用紙によって多少異なるようです。

参考:ダヴィンチ公式サイト|サイズについて

ダヴィンチのリフィルはトモエリバーなので、コピー用紙よりもだいぶ薄いため、11mm径のリングでは65枚よりも多くのリフィルを入れられると思います。

リフィル選びにも時間をかけました。

システム手帳とリフィルを一緒にアマゾンで買おうとしましたが、私が選んだリフィルの中にはアマゾン発送ではないものがあり、それも2社から別の発送になるため、リフィルはすべてダヴィンチの公式サイトから誘導されて、リフィルスタイルで購入しました。

参考:リフィルスタイル

アマゾンで買ったシステム手帳は明日到着、リフィルスタイルで買ったリフィルは明日以降の発送になるようです。

到着が楽しみです♪

すべてそろったらレビューしますね。

最後に

年末の恒例行事、手帳選びを今年はもう済ませました。

今年は5月にトラベラーズノートパスポートサイズも買ったので、2度も手帳選びをしてしまいました。

年末は多くの人が手帳探しをするので、人気の手帳は在庫が少なくなるかもしれません。

あなたも今年は早めに来年の手帳選びをしてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください