セイコー プロスペックス SBDC051購入レビュー!

セイコー プロスペックス SBDC051

前回の記事、「セイコー ダイバーズウォッチ!普段も使えるおすすめ5選」で、セイコーのダイバーズウォッチを紹介しました。

選んだ基準は、普段使いできて、仕事にも問題なさそうなモデルであり、機械式のモデルで、ステンレスベルト、価格は実売で10万円くらいまでというものでした。

セイコー セレクション「SBTM217」を買うときに腕時計を調べはじめてから、それまではほとんど興味がなかった腕時計に興味を持つようになり、「SBTM217」を買った後も腕...

 

今回は、その中から私が購入したダイバーズウォッチを紹介します。

セイコー プロスペックス SBDC051を購入

私が選び、購入したダイバーズウォッチは、セイコー プロスペックス「SBDC051」です。

セイコー プロスペックス SBDC051 化粧箱、保証書、説明書

実は、セイコーセレクション「SBTM217」購入してから、結構すぐに買ってしまいました。

「SBDC051」の購入を決めた理由は、お店に実物を見に行って、その勢いという感じでした。

前回の記事で紹介したダイバーズウォッチの中には、私が「SBDC051」をお店に見に行ったときには、まだ販売前だったものもあったので、すべてのモデルを見たわけではありません。

逆輸入のブラックボーイ「SKX007」も実物を見ることはできませんでした。

しかし、「SBDC051」の画像をネットでいくつも見てきて、さらに実物をみたときに、「これだ!」という気持ちになってしまいました。

その勢いのまま買ってしまったというのが正直なところです。

私が「SBDC051」を購入したお店は、都内の家電量販店です。

「SBDC051」の実売価格は、ネットでも家電量販店でもほとんど同じ設定だったのですが、購入ポイントが10%ほどついたので、お得な気持ちになりました。

また、ベルトの調整も無料で行ってもらえたので、すぐに装着することができました。

私の手首は自分で計測したら17.5cmです。「SBDC051」では3コマ外して調整してもらいました。

セイコー プロスペックス SBDC051とベルトを調整して外したコマ

しかし、しばらく使っていると、もう少しきつくしたくなったので、「SBTM217」のベルトを微調整したときと同じように、自分で微調整しました。

セイコーセレクション SBTM217を購入して2ヶ月半くらい経ちました。SBTM217は久しぶりに手に入れた腕時計であり、自分なりにいろいろ調べて購入したものなのでとても気...

下の画像の赤丸のところに、4か所小さな穴がありますが、ここを調整すればベルトを微調整できます。「SBTM217」では、2つでしたが、「SBDC051」は、バックルに4つ穴があり、より調整ができます。

セイコー プロスペックス SBDC051のベルト微調整

ベルトの微調整には、「SBTM217」を調整したときに購入した「バネ棒はずし」を使いました。

バネ棒はずし

明工舎製作所 MKS バネ棒用工具 46000

セイコー プロスペックス SBDC051の詳細

セイコー プロスペックス SBDC051

セイコー プロスペックス「SBDC051」は、バーインデックスタイプで、上の画像ではわかりにくいかもしれませんが、長針(分針)・短針(時針)、秒針のお尻にある丸いところ、そして、インデックスには、夜光塗料が塗られおり、薄いみどり色をしています。

セイコー プロスペックス SBDC051 斜めから見た画像

ガラスは、カーブサファイアガラスで、斜めから見ると文字盤が少し歪んで見えます。

針やインデックスの薄いみどり色、カーブサファイアガラスによる文字盤の歪み、これらのせいか、少しレトロな感じがします。

「SBDC051」は、1965年発売の国産初ダイバーズウオッチに現代的なアレンジを加えたモデルですが、約42mmあるケースサイズや全体的なフォルムに古臭さは感じません。

しかし、文字盤に見えるインデックス、カーブサファイアガラスに歴史が詰め込まれているように思います。

製品スペック

製品名SBDC051
駆動方式メカニカル 自動巻(手巻つき)
キャリバーNo6R15
ケースコーティングダイヤシールド
ケース材質ステンレスケース
ガラス材質カーブサファイアガラス
ガラスコーティング内面無反射コーティング
ルミブライトあり(針・インデックス)
精度精度:日差+25秒~-15秒
防水200m潜水用防水
耐磁あり
サイズ縦49.77mm×横42.6mm×厚さ13.75mm
重さ189g
その他特徴スクリューバック
逆回転防止ベゼル
ねじロック式りゅうず
ダブルロック中留
石数 23石
秒針停止機能
カレンダー(日付)機能つき

参照:https://www.seiko-watch.co.jp/prospex/sea/diverscuba/sbdc051

ムーブメントは6R15で、公称精度は日差+25秒~-15秒です。

購入してからずっと日差を計測しているのですが、私の個体は24時間当たり、平置きで+6秒程度、日中装着すると-4秒程度、24時間で+2秒程度です。

セイコー プロスペックス SBDC051の装着画像

ダイバーズウォッチは、大きくて、重くて、厚くて、ごついというイメージを持っている方が多いと思いますが、実際に「SBDC051」を装着した画像をご覧ください。

セイコー プロスペックス SBDC051を腕に装着した画像

セイコー プロスペックス SBDC051を腕に装着した画像

セイコー プロスペックス SBDC051を腕に装着した画像

大きさについては、確かに存在感がある大きさですね。横幅 42.6mmありますので、腕時計としては大きい部類になりますが、現代のダイバーズウォッチとしては小ぶりになります。

ちなみに、私の手首周りは17.5cmです。

厚さ 13.75mmの「SBDC051」を装着したYシャツの袖口にも存在感が見えますね。

装着していて個人的には違和感はありませんが、袖口にボタンが2つあるYシャツでは、太い方のボタンをつけています。

重さは189gありますので、チタン製の「SBTM217」に比べると、約3倍あります。

でも、重量感のある時計が欲しかったので特に気になりません。

ベルトをしっかり調整すれば、重過ぎるということはないと思います。

むしろ、個人的にはこの重量感を楽しんでいます。

セイコー プロスペックス SBDC051を腕に装着した画像

セイコー プロスペックス SBDC051を腕に装着した画像

最後に

今回は、私が最近購入したセイコーのダイバーズウォッチ、プロスペックス「SBDC051」を紹介いたしました。

とても気に入っていますが、価格的にはかなり奮発して購入しました。

いま考えると、ブラックボーイ「SKX007」が、価格的にも、デザイン的にもよかったかなあ、なんて思ってしまいます。

「SBDC051」を買ってからも、腕時計への興味は薄れていませんので、いずれ次のひとつを買ってしまいそうです。

そのときはまた、このブログで紹介させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください