テレビのリモコンスイッチの反応が悪くてストレス!リモコンだけ買い替えたらすぐに使えたよ

リモコンの中身

テレビのリモコンのスイッチが調子悪くなって、テレビを見る度にストレスになっていました。

厳密にはテレビのリモコンではなく、ブルーレイディスクレコーダーのリモコンなのですが、我が家ではパナソニックのテレビとブルーレイディスクレコーダーをつなげているので、リモコン操作はブルーレイディスクレコーダーのもので行っています。

ブルーレイディスクレコーダーのリモコン

 

そのリモコンが調子悪くなり、ボタンを押しても反応しづらくなってきました。

はじめはひとつのボタンだったのですが、だんだん反応が悪くなるボタンが増えてきました。

修理に出すのもなんだし、自分で修理するのは無理かと思い、どうしたものかと思いながらも、テレビを見る度にストレスを感じていました。

「ビデオを買い替えようか?」と家族に話したこともあったのですが、まだ買って3年ほどだし、ブルーレイディスクレコーダー自体の調子は悪くないので、買い替える決断はできずにいました。

そんなとき、ネットで検索してみると、リモコンだけを買うことができることを知りました。

我が家のテレビとビデオの視聴環境

我が家のテレビは2010年に購入したパナソニックのVIERA「TH-L37G2」で、ビデオは同じくパナソニックのブルーレイディスクレコーダー「DMR-BWT660-K」です。

「DMR-BWT660-K」を買ったのは、こちらははっきり覚えていて2014年3月です。

我が家のテレビの視聴環境は、パナソニックテレビとビデオをつないで、リモコンはビデオ側のもので操作しています。

「DMR-BWT660-K」のリモコンでテレビの電源のON/OFFができるので、テレビのリモコンは基本的には使っていません。

基本的には使っていないというのは、たまにテレビ番組の録画が重なったときに、テレビ側のチューナーを使ってテレビを見るときがあり、そのときはテレビのリモコンを使います。

それ以外のときはすべてビデオのリモコンで操作を行っています。

リモコンの反応がだんだん悪くなる

我が家のリモコンの反応が悪くなったのを気づいたのは昨年の秋ごろでした。

はじめに調子が悪くなったボタンはテレビの電源を入れるスイッチボタンです。

当初は電池交換をすれば元に戻ると思っていたので、電池を入れかえてみました。

しかし、電池を交換してもスイッチの反応は変わりませんでした。

テレビの電源スイッチは小さいので、指の爪を使ってボタンを押し込まないとテレビの電源が入らなくなりました。

リモコンの反応が悪いボタン

 

そのうち、指の爪を使ってボタンを押しこんでも、なかなか電源が入らなくなってきました。

そうこうしているうちに、録画を再生するボタンの反応も悪くなり、続いて、録画再生中のスキップボタンの反応も悪くなってきました。

どんどん調子が悪くなるリモコンに、家族みんながストレスを感じているようでしたので、ブルーレイディスクレコーダーの買い替えを考えるようになりました。

でも、リモコンの調子が悪いだけでブルーレイディスクレコーダー本体を買い替えるのはもったいないような気がして、なかなか決断ができませんでした。

テレビやビデオのリモコンだけ購入できる

リモコンを修理することも考えたのですが、メーカーにお願いするのも面倒だし、自分で修理するのは無理だと思っていました。

そんなとき、インターネットで我が家のブルーレイディスクレコーダーの品番「DMR-BWT660-K」+「リモコン」で検索してみると、リモコンだけで購入できることがわかりました。

「DMR-BWT660-K」+「リモコン」の検索結果

 

我が家のブルーレイディスクレコーダー「DMR-BWT660-K」のリモコンの品番は「N2QAYB000919」でした。

値段はそこそこしましたが、家族みんなが毎日ストレスを抱えながらテレビを見ることを考えると安いものだと思えました。

ただ、「買ったはいいけど接続設定が面倒なのでは?」という不安がありましたが、そんな心配は杞憂に終わりました。

リモコンに電池を入れたらすぐに使えた

ネット通販でリモコンを注文後、数日で新しいリモコンが届きました。

リモコンの箱

 

無地の白い箱で、中身はリモコンだけというシンプルな包装でした。

リモコンの中身

 

リモコンに電池は付いてきませんでした。

説明書もありません。

販売用の単品リモコンは、ブルーレイディスクレコーダーの部品という扱いなんですかね。

調子が悪くなったリモコンと比べてみましたが、まったく同じものでした。下の画像の右側が新しく買ったリモコンです。

古いリモコンと新しいリモコン

 

リモコンの裏側もまったく同じです。こちらも右側が新しいリモコンです。

古いリモコンと新しいリモコンの裏側

 

調子が悪くなったリモコンから電池を取り出し、新しいリモコンに電池を入れました。

そうしたらすぐに使えました。

テレビの電源もスムーズに入ります。

新しいリモコンに設定は不要でした。

設定が必要なのでは、という心配は不要でした。

最後に

今回ネットで調べるまでテレビやビデオのリモコンを単品で購入できることを知りませんでした。

リモコンの調子が悪くなったのは、はじめての経験でしたので、これまでリモコンを買うなんてことは考えたこともありませんでした。

だけど考えてみると、壊れなくても、リモコンを失くしてしまうことだって考えられますよね。

特に、引っ越しのときなんかには・・・。

また、今回調べているとエアコンのリモコンも買えることも知りました。

エアコンのリモコンが調子悪くなったり、失くしてしまったら本当に困りそうです。

でも、少し安心できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください