キャノンプリンターのインクが出ないのでTS5030に買い替えた!

キャノンPIXUS TS5030

年賀状を印刷していたら、我が家のキャノンのプリンターTS8030の調子が急に悪くなりました。

テスト印刷ではキレイに印刷できたのですが、いざ本番となったところ、なんかおかしい?

はじめ、表側の宛名文字の色が黒から段々と薄くなり、薄い黒になりました。

裏側のデザイン面は全体的に赤っぽくなってしまいました。

プリントヘッドをクリーニングして、ノズルチェックパターン印刷しましたが、なんかおかしい?

何がおかしいかというと、青がまったく出ていないんです。

青系であるシアンのインク残量はまだあるはずなのに、印刷すると青が出ない。

再度、プリントヘッドをクリーニングして、ノズルチェックパターン印刷をしても同じ症状であり、今度は強力ヘッドをクリーニングして、ノズルチェックパターン印刷しましたが同じでした。

結局、その日は年賀状の印刷をあきらめました。

久しぶりにプリンターを使ったので、インク残量はあったが、中で固まっているのかもしれない、と思い込み、新しいインクを買うことにしました。

買ったインクはシアンだけでなく、TS8030にセットする6色すべての大容量インクでした。

これが約1週間前の週末の話です。

新しいインクをプリンターにセットしたが・・・。

年末ということもあり、平日は忙しく、出張もあったため、新しいインクをセットして年賀状を印刷することができませんでした。

そして、週末に年賀状を印刷するために、新しいインクを我が家のプリンター、キャノンPIXUS TS8030にセットして、改めて年賀状をテスト印刷してみました。

結果は・・・、インクを交換する前と同じ症状でした。

宛名文字の色は黒が薄く、グレーのようであり、裏側は全体的に赤っぽく、青がまったく出ていない状態です。

ノズルチェックパターン印刷をしてみたところ、やはり青系の色がまったく出ていません。

キャノンのプリンターTS8030でのノズルチェックパターン印刷結果

TS8030でのノズルチェックパターン印刷結果

TS8030のマニュアルで、インクが出ないときの対処法を確認しましたが、そこに書いてあったのは、次の3つでした。

チェック1.インクがなくなっていませんか
チェック2.インクタンクにオレンジ色のテープや保護フィルムが残っていませんか
チェック3.ノズルチェックパターンを印刷し、必要に応じてプリントヘッドのクリーニングなどを行ってください

インクは新品でだし、オレンジ色のテープや保護フィルムはしっかり取り除いたので、考えられるのは、プリントヘッドが詰まっていることしかありませんでした

プリントヘッドをクリーニングする

キャノンプリンターのマニュアルで、印刷にかすれやむらがあるときのお手入れの手順についての項目があり、そこに書いてあったのは、次の4つでした。

ステップ1.ノズルチェックパターンを印刷する
ステップ2.ノズルチェックパターンを確認する
ステップ3.プリントヘッドをクリーニングする
*ステップ1からステップ3の手順を2回繰り返しても改善されない場合
ステップ4.プリントヘッドを強力クリーニングする

この通りに作業を行いましたが、症状は改善されません。

ノズルチェックパターン印刷をしても、やはり青系の色がまったく出ません。

以前行ったノズルチェックパターンの印刷結果が残っていたので、それと比較してみましたが、結果は歴然です。

キャノンのプリンターTS8030でのノズルチェックパターン印刷結果比較

TS8030でのノズルチェックパターン印刷結果比較

マニュアルには、次のことが書かれていました。

ステップ4までの操作を行っても症状が改善されない場合は、電源を切ってから電源プラグを抜かずに24時間以上経過したあとに、もう一度強力クリーニングを行ってください。それでも改善されない場合は、プリントヘッドが故障している可能性があります。キヤノンホームページまたはパーソナル機器修理受付センターに修理をご依頼ください。

しかし、そんなに待っている時間はありませんでしたので、再度プリントヘッドを強力クリーニングしましたが、改善なしです。

プリントヘッドをクリーニングはイングを大量に消費する

プリントヘッドをクリーニングするとインクを消費するということを聞いたことがあったので、どれくらい消費するか確認しました。

プリントヘッドクリーニングを2回、強力プリントヘッドクリーニングを2回したときのインク残量です。

インクは、大容量タイプです。

プリントヘッドクリーニングを2回、強力プリントヘッドクリーニングを2回したときのインク残量

プリントヘッドクリーニングを2回、強力プリントヘッドクリーニングを2回したときのインク残量

これを見ると、あまりヘッドクリーニングはやりたくないですね。

そして、あきらめました。

キャノンプリンターで予算は1万円以内

修理を依頼するのも面倒ですし、早く年賀状を印刷しなければならなかったので、新しいプリンターを買うことに決めました。

とりあえず今年の年賀状だけ印刷できればいいと考え、予算は1万円以内、インクを買ったばかりでしたので、同じインクを使えるプリンターという条件でプリンターを選びました。

選んだプリンターは、キャノンPIXUS TS5030です。

Amazonでは、1万円を少し超えていましたが、近所にある家電量販店のネットショップでは、9,000円を切っていました。

ネットショップの価格と実店舗の価格は、違うこともあり得ると思いましたので、実際に近所の店舗に行って確認することにしました。

キャノンPIXUS TS5030を購入

お店に行って、キャノンPIXUS TS5030の価格を確認したところ、ネットショップと同じでしたので、即購入しました。

色は黒しかありませんでしたが、黒を買いたかったので、問題なしです。

購入時に店員さんに聞いたら、残り1台だったそうです。

キャノンPIXUS TS5030

キャノンPIXUS TS5030

キャノンPIXUS TS8030とTS5030比較

壊れたキャノンPIXUS TS8030は、2016年11月に購入したものでした。

まだ2年しか経っていませんでしたが、仕方ありません。

キャノンPIXUS TS8030とTS5030の大きさはほぼ同じです。TS8030には前面給紙トレーが付いているので、下側が少し出っ張っています。

キャノンPIXUS TS8030とTS5030の大きさ比較

キャノンPIXUS TS8030とTS5030の大きさ比較

店員さんに聞いていた大きな違いは、TS5030には給紙カセットがない、自動両面印刷ができない、印刷速度が少し遅い、インクが5色(グレーがない)ことくらいです。

実際に使ってみて感じた違いは、TS5030はタッチパネルではないため、操作はTS8030の方がやりやすいと思いました。

ですが、その他は特に問題ありません。

いまのところ、年賀ハガキしか印刷していないので、TS8030の場合でも背面トレーしか使いませんし、インクは5色と6色の違いは私にはわかりません。宛名印刷をすべて行ってから、裏面を印刷するので、自動両面印刷は使いません。

とりあえず、目的は達成できたので、無駄な出費にはなりましたが満足です。

最後に

自宅のプリンターは、あまり活躍する機会はありません。

でも、ないと困ることがあります。

たまに、コピーをすることがありますし、印刷する必要が出てくることもあります。

我が家のプリンターが本当に活躍するのは、年賀状を作成するときくらいです。

数か月電源すら入れないこともあります。

しかし、プリンターは定期的に使わないとダメなようです。

インクが詰まる原因は、プリンターを使わないことが原因にもなるとのことです。

今回は、テスト印刷までは大丈夫だったプリンターが、本番印刷のときに急にインクが出なくなったので、原因は他にあるかもしれません。

この記事をご覧になっているあなたにお役に立てていないかもしれませんが、ご了承ください。

私としては、とりあえず目的は達成できたので、よかったこととして、納得することにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください